弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

【逮捕・勾留】大阪・京都の刑事弁護・警察対応は 元・刑事裁判官 の弁護士へ

お問い合わせは 0120-86-3410 大阪 事務所 三条河原町 事務所
  らくさい桂 事務所
元・刑事裁判官による最良の刑事弁護

弁護士紹介解決までの流れ弁護士費用よくあるご質問お問い合わせ事務所案内

お問い合わせは 0120-86-3410
 

メインメニュー

お問い合わせは 0120-86-3410
 

おまかせください

お問い合わせは 0120-86-3410
 

取扱い犯罪事件一覧

お問い合わせは 0120-86-3410
 

刑事事件・犯罪 用語集


サイト内検索


 
HOME»  釈放・保釈してほしい、逮捕・勾留から解放してほしい

釈放・保釈してほしい、逮捕・勾留から解放してほしい

一刻も早い釈放・保釈など、身体拘束からの解放に向けて全力で取り組みます。

警察・検察などの捜査機関から逮捕や勾留された場合、一刻も早く、釈放・保釈を受けるなどして身体拘束から解放されたいと考えるのは、当然のことです。

当事務所では、刑事裁判官の経験を有する弁護士 片田真志が、一刻も早い身体拘束からの解放に向けた活動を行います。

 

 

身体拘束から解放されるチャンス

刑事事件に巻き込まれて逮捕・勾留を受けている場合、手続きの進み方に応じて、身体拘束から解放されるチャンスがあります。

 

① 逮捕段階

逮捕は、現行犯逮捕の場合を除いては、原則として、警察官が刑事裁判官に逮捕状の発令を請求し、刑事裁判官がこれを認めて発令することで行われます。

そこで、そもそも逮捕状が発令されることで身体拘束されてしまうことを阻止するための活動が必要になります。

例えば、自ら警察に自首すれば逮捕を逃れられるのか、自首しても逮捕は避けられない状況なのか、あるいは逮捕される前に被害弁償や示談を成立させて、警察が刑事事件を立件することそのものを阻止できないかなど、個々の事案に応じた適切な対応が求められます。

 

② 勾留(起訴前)段階

勾留(起訴前)は、逮捕が行われた後、検察官が刑事裁判官に勾留状の発令を請求し、刑事裁判官がこれを認めて発令することで行われます。

勾留期間は10日間です。

勾留は、犯罪を行ったと疑うべき証拠があることを前提に、

①住居が不定である
②逃亡のおそれがある
③証拠隠滅のおそれがある

という3点のうち、どれか1つがなければ認められません。

したがって、「そもそも犯罪の疑いがないこと」や「逃亡のおそれ」がないこと、「証拠隠滅を図ることは現実的には想定できないこと」、さらに「身体拘束をしておくと生活上の不利益が大きいこと」が認められれば、勾留による身体拘束を阻止することが可能になります。

また、仮に勾留状が発令されてしまっても、不服申立て手続き(準抗告)によって、この勾留状の効果を打ち消したり、後に発生した事情があることを説明して勾留を取りやめるよう請求することができます。

 

③ 勾留(起訴前)延長段階

10日間の勾留がされた後、さらに捜査を続ける必要などがある場合には、検察官の請求によって、刑事裁判官が勾留をさらに延長する場合があります(最長でさらに10日間)。

このような場合も、延長の必要性がないことや、後に発生した事情があることなどを理由に、延長を認めないための不服申立(準抗告)や、勾留を取りやめるための請求が可能です。

 

④ 起訴後

残念ながら、起訴(公判請求)をされてしまった場合、身柄拘束が更に続くことになります。

しかし、以下の場合には、弁護士からの請求を受けた刑事裁判官の判断によって、勾留による身体拘束からの解放が認められる場合があります。


◆保釈が認められる場合
起訴(公判請求)がなされた後は、弁護士の請求によって、刑事裁判官が、保釈金を納めることなどを条件として、保釈が認められる場合があります。

保釈金は、一般的には150万円から300万円程度となる場合が多いですが、犯罪の情況や、勾留を受けている方の経済状態などによって、刑事裁判官が金額を決定します。


◆勾留自体の必要性がないと判断される場合
勾留自体の必要性がないと判断される場合には、勾留自体の必要性がないとして、勾留が取りやめになる可能性があります。

 

 

以上のように、それぞれの段階に応じて身柄を解放してもらうための手続きがあります。

そして、それら手続きでは、弁護士からの請求を受けた刑事裁判官が、検察官から意見を聞きながら、逮捕・勾留をすべきか、あるいはすでになされている勾留を継続すべきかを判断するのです。

弁護士 片田真志は、刑事裁判官時代に、逮捕・勾留・準抗告などについての裁判を数多く手がけ、身体拘束を解放する決定を出してきました。

元・刑事裁判官の経験と感覚をいかして、どのような場合に、刑事裁判官は、身体拘束から解放すべきと判断するか」について、もっとも有効に主張することができます。

それぞれのチャンスを無駄にせず、積極的に逮捕・勾留を阻止したり、身体拘束から解放するための手続きや活動を行います。

 

刑事事件においては、スピードに加えて、刑事裁判官の「経験」と「感覚」が最大の効果をもたらします。

最良の刑事弁護をお約束します。 
おまかせください。お役に立ちます。

 
▲ページTOPへ

対応可能な警察署など

当事務所では、下記の警察署などに逮捕・勾留されている方、呼び出しを受けている方について対応が可能です。 
なお、下記に挙げていない地域や警察署などであっても対応が可能な場合がございますので、お問い合わせください。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
【大阪府】
大阪府警察本部 / 大阪地方検察庁 / 大阪拘置所 / 大阪少年鑑別所
大淀警察署 (大阪市北区) / 曽根崎警察署 (大阪市北区) / 天満警察署(仮庁舎) (大阪市北区) / 都島警察署 (大阪市都島区) / 福島警察署 (大阪市福島区) / 此花警察署 (大阪市此花区) / 東警察署 (大阪市中央区) / 南警察署 (大阪市中央区) / 西警察署 (大阪市西区) / 港警察署 (大阪市港区) / 大正警察署 (大阪市大正区) / 天王寺警察署 (大阪市天王寺区) / 浪速警察署 (大阪市浪速区) / 西淀川警察署 (大阪市西淀川区) / 淀川警察署 (大阪市淀川区) / 東淀川警察署 (大阪市東淀川区) / 東成警察署 (大阪市東成区) / 生野警察署 (大阪市生野区) / 旭警察署 (大阪市旭区) / 城東警察署 (大阪市城東区) / 鶴見警察署 (大阪市鶴見区) / 阿倍野警察署 (大阪市阿倍野区) / 住之江警察署 (大阪市住之江区) / 住吉警察署 (大阪市住吉区) / 東住吉警察署 (大阪市東住吉区) / 平野警察署 (大阪市平野区) / 西成警察署 (大阪市西成区) / 大阪水上警察署 (大阪市港区)
高槻警察署 (高槻市) / 茨木警察署 (茨木市) / 摂津警察署 (摂津市) / 吹田警察署 (吹田市) / 豊能警察署 (豊能郡) / 箕面警察署 (箕面市) / 池田警察署 (池田市) / 豊中警察署 (豊中市) / 豊中南警察署 (豊中市) / 堺警察署 (堺市堺区) / 北堺警察署 (堺市北区) / 西堺警察署 (堺市西区) / 南堺警察署 (堺市南区) / 高石警察署 (高石市) / 泉大津警察署 (泉大津市) / 和泉警察署 (和泉市) / 岸和田警察署 (岸和田市) / 貝塚警察署 (貝塚市) / 関西空港警察署 (泉南郡) / 泉佐野警察署 (泉佐野市) / 泉南警察署 (阪南市) / 羽曳野警察署 (羽曳野市) / 黒山警察署 (堺市) / 富田林警察署 (富田林市) / 河内長野警察署 (河内長野市) / 枚岡警察署 (東大阪市) / 河内警察署 (東大阪市) / 布施警察署 (東大阪市) / 八尾警察署 (八尾市) / 松原警察署 (松原市) / 柏原警察署 (柏原市) / 枚方警察署 (枚方市) / 交野警察署 (交野市) / 寝屋川警察署 (寝屋川市) / 四條畷警察署 (大東市) / 門真警察署 (門真市) / 守口警察署 (守口市)
 
【京都府】
京都府警察本部 / 京都府警察本部 伏見留置センター / 京都地方検察庁 / 京都拘置所 / 京都少年鑑別所
川端警察署 (京都市左京区) / 上京警察署 (京都市上京区) / 東山警察署 (京都市東山区) / 中京警察署 (京都市中京区) / 下京警察署 (京都市下京区) / 下鴨警察署 (京都市左京区) / 伏見警察署 (京都市伏見区) / 山科警察署 (京都市山科区) / 右京警察署 (京都市右京区) / 南警察署 (京都市南区) / 北警察署 (京都市北区) / 西京警察署 (京都市西京区)
向日町警察署 (向日市) / 宇治警察署 (宇治市) / 城陽警察署 (城陽市) / 八幡警察署 (八幡市) / 田辺警察署 (京田辺市) / 木津警察署 (木津川市) / 亀岡警察署 (亀岡市)
 
【兵庫県】
尼崎南警察署 (尼崎市) / 尼崎南警察署(西分庁舎) (尼崎市) / 尼崎東警察署 (尼崎市) / 尼崎北警察署 (尼崎市)
 
【滋賀県】
滋賀県警察本部 / 大津警察署 (大津市) / 大津北警察署 (大津市) / 草津警察署 (草津市)
 
 

お問い合わせ

最良の刑事弁護をお約束します。
おまかせください。 お役に立ちます。

右記フリーダイヤルにて、当事務所までお問い合わせください。

【営業時間】 平日 9:00~18:00
※土日祝・営業時間外も、必要に応じて対応いたします。
お問い合わせ 問題解決の第一歩です。まずはお問い合わせください。