弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

【逮捕・勾留】大阪・京都の刑事弁護・警察対応は 元・刑事裁判官 の弁護士へ

お問い合わせは 0120-86-3410 大阪 事務所 三条河原町 事務所
  らくさい桂 事務所
元・刑事裁判官による最良の刑事弁護

弁護士紹介解決までの流れ弁護士費用よくあるご質問お問い合わせ事務所案内

お問い合わせは 0120-86-3410
 

メインメニュー

お問い合わせは 0120-86-3410
 

おまかせください

お問い合わせは 0120-86-3410
 

取扱い犯罪事件一覧

お問い合わせは 0120-86-3410
 

刑事事件・犯罪 用語集


サイト内検索


 
HOME»  執行猶予にしてほしい、刑務所に行きたくない

執行猶予にしてほしい、刑務所に行きたくない

刑務所に行かずに済むよう、執行猶予付の判決を獲得するために、全力で取り組みます。

起訴(公判請求)されてしまった場合、刑事裁判が始まります。
 
一旦起訴されてしまい、刑事裁判官に有罪だと判断された場合、有罪判決として、刑務所での懲役刑または禁錮刑を言い渡される可能性が高くなります。
 
しかし、懲役刑や禁固刑を言い渡されたとしても、刑事裁判官から「執行猶予」を付けた判決をもらうことができた場合には、ただちに刑務所に行く必要はなくなります。

そして、直ちに身体拘束を解かれ、留置場や拘置所などから解放されることになります。

 

 

「執行猶予」になるメリット

「執行猶予」とは、有罪判決の効果を定められた期間留保(「猶予」する)制度で、定められた期間の間に犯罪を犯して再び懲役刑や禁錮刑の有罪判決を受けない限り、有罪判決は効力を失う、というものです。

つまり、刑務所に行かなくてすむようになるのです。

例えば、「懲役2年、執行猶予3年」という判決であれば、その判決が確定したときから3年間犯罪を犯さなければ、刑務所に行かなくてすむようになる、ということです。

また、ほかに執行猶予付き判決を受けるメリットとして、取締役などの資格を失わない、というものがあります。

具体的には、会社の取締役の立場にある方が有罪判決を受けてしまった場合、原則としてその資格を失ってしまいます。

しかし、例外として、その判決に執行猶予を付けることができれば、資格を失うことなく、引き続き取締役として仕事を続けることができるのです(会社法331条)。

刑事裁判官が有罪判決を言い渡すにあたって「執行猶予」をつけるかどうかは、その犯罪の種類や法定刑といった形式的なことだけでなく、犯罪事実の態様や情状など、様々な要素を総合してなされます。

そこで、「執行猶予」付きの判決を獲得するためには、刑事裁判官がどのような事実や情状を重視するのか、具体的なケースに即して、効果的な立証やアピールが必要となってきます。

多くの弁護士が有効だと考えていることでも、刑事裁判官の目線からは重要でなかったり、かえって不利益になってしまうこともあります。

当事務所の弁護士 片田真志に刑事弁護をご依頼いただいた場合には、元・刑事裁判官の経験と感覚を活かして、有罪判決であっても「執行猶予」を付けるために必要な手続きや活動に、全力で取り組みます。

「どのような場合に、刑事裁判官は、有罪判決であっても執行猶予を付けるすべきと判断するか」については、刑事裁判官の経験を有しているからこそ、もっとも有効に主張することができるのです。

 

刑事事件においては、スピードに加えて、刑事裁判官の「経験」と「感覚」が最大の効果をもたらします。

最良の刑事弁護をお約束します。 
おまかせください。お役に立ちます。

 
▲ページTOPへ

対応可能な警察署など

当事務所では、下記の警察署などに逮捕・勾留されている方、呼び出しを受けている方について対応が可能です。 
なお、下記に挙げていない地域や警察署などであっても対応が可能な場合がございますので、お問い合わせください。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
【大阪府】
大阪府警察本部 / 大阪地方検察庁 / 大阪拘置所 / 大阪少年鑑別所
大淀警察署 (大阪市北区) / 曽根崎警察署 (大阪市北区) / 天満警察署(仮庁舎) (大阪市北区) / 都島警察署 (大阪市都島区) / 福島警察署 (大阪市福島区) / 此花警察署 (大阪市此花区) / 東警察署 (大阪市中央区) / 南警察署 (大阪市中央区) / 西警察署 (大阪市西区) / 港警察署 (大阪市港区) / 大正警察署 (大阪市大正区) / 天王寺警察署 (大阪市天王寺区) / 浪速警察署 (大阪市浪速区) / 西淀川警察署 (大阪市西淀川区) / 淀川警察署 (大阪市淀川区) / 東淀川警察署 (大阪市東淀川区) / 東成警察署 (大阪市東成区) / 生野警察署 (大阪市生野区) / 旭警察署 (大阪市旭区) / 城東警察署 (大阪市城東区) / 鶴見警察署 (大阪市鶴見区) / 阿倍野警察署 (大阪市阿倍野区) / 住之江警察署 (大阪市住之江区) / 住吉警察署 (大阪市住吉区) / 東住吉警察署 (大阪市東住吉区) / 平野警察署 (大阪市平野区) / 西成警察署 (大阪市西成区) / 大阪水上警察署 (大阪市港区)
高槻警察署 (高槻市) / 茨木警察署 (茨木市) / 摂津警察署 (摂津市) / 吹田警察署 (吹田市) / 豊能警察署 (豊能郡) / 箕面警察署 (箕面市) / 池田警察署 (池田市) / 豊中警察署 (豊中市) / 豊中南警察署 (豊中市) / 堺警察署 (堺市堺区) / 北堺警察署 (堺市北区) / 西堺警察署 (堺市西区) / 南堺警察署 (堺市南区) / 高石警察署 (高石市) / 泉大津警察署 (泉大津市) / 和泉警察署 (和泉市) / 岸和田警察署 (岸和田市) / 貝塚警察署 (貝塚市) / 関西空港警察署 (泉南郡) / 泉佐野警察署 (泉佐野市) / 泉南警察署 (阪南市) / 羽曳野警察署 (羽曳野市) / 黒山警察署 (堺市) / 富田林警察署 (富田林市) / 河内長野警察署 (河内長野市) / 枚岡警察署 (東大阪市) / 河内警察署 (東大阪市) / 布施警察署 (東大阪市) / 八尾警察署 (八尾市) / 松原警察署 (松原市) / 柏原警察署 (柏原市) / 枚方警察署 (枚方市) / 交野警察署 (交野市) / 寝屋川警察署 (寝屋川市) / 四條畷警察署 (大東市) / 門真警察署 (門真市) / 守口警察署 (守口市)
 
【京都府】
京都府警察本部 / 京都府警察本部 伏見留置センター / 京都地方検察庁 / 京都拘置所 / 京都少年鑑別所
川端警察署 (京都市左京区) / 上京警察署 (京都市上京区) / 東山警察署 (京都市東山区) / 中京警察署 (京都市中京区) / 下京警察署 (京都市下京区) / 下鴨警察署 (京都市左京区) / 伏見警察署 (京都市伏見区) / 山科警察署 (京都市山科区) / 右京警察署 (京都市右京区) / 南警察署 (京都市南区) / 北警察署 (京都市北区) / 西京警察署 (京都市西京区)
向日町警察署 (向日市) / 宇治警察署 (宇治市) / 城陽警察署 (城陽市) / 八幡警察署 (八幡市) / 田辺警察署 (京田辺市) / 木津警察署 (木津川市) / 亀岡警察署 (亀岡市)
 
【兵庫県】
尼崎南警察署 (尼崎市) / 尼崎南警察署(西分庁舎) (尼崎市) / 尼崎東警察署 (尼崎市) / 尼崎北警察署 (尼崎市)
 
【滋賀県】
滋賀県警察本部 / 大津警察署 (大津市) / 大津北警察署 (大津市) / 草津警察署 (草津市)
 
 

お問い合わせ

最良の刑事弁護をお約束します。
おまかせください。 お役に立ちます。

右記フリーダイヤルにて、当事務所までお問い合わせください。

【営業時間】 平日 9:00~18:00
※土日祝・営業時間外も、必要に応じて対応いたします。
お問い合わせ 問題解決の第一歩です。まずはお問い合わせください。