弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

【逮捕・勾留】大阪・京都の刑事弁護・警察対応は 元・刑事裁判官 の弁護士へ

お問い合わせは 0120-86-3410 大阪 事務所 三条河原町 事務所
  らくさい桂 事務所
元・刑事裁判官による最良の刑事弁護

弁護士紹介解決までの流れ弁護士費用よくあるご質問お問い合わせ事務所案内

お問い合わせは 0120-86-3410
 

メインメニュー

お問い合わせは 0120-86-3410
 

おまかせください

お問い合わせは 0120-86-3410
 

取扱い犯罪事件一覧

お問い合わせは 0120-86-3410
 

刑事事件・犯罪 用語集


サイト内検索


 
HOME»  取扱い刑事事件(犯罪)一覧»  強制性交等・強制性交等致死傷

取扱い刑事事件(犯罪) | 性・風俗犯罪事件

強制性交等・強制性交等致死傷

 

強制性交等・強制性交等致死傷 事件の場合、法律上 無期懲役を含む厳罰 といった刑事罰を科される可能性があります。

平成29年の刑法改正により、法定刑が引き上げられ、今後はこれまで以上に重い刑が科されることが予想されます。

また、この改正により強制性交罪(以前の「強姦罪」)は親告罪ではなくなりましたので、告訴がなくても起訴される場合があります。


そこで、強制性交等・強制性交等致死傷 事件においては、無罪を主張する場合も含め、犯罪の実状とポイントに基づいた刑事弁護活動が必要です。

 

弁護士からのコメント 弁護士 片田真志 からのコメント

暴力又は脅迫を使って無理矢理性交を行うのが強制性交です。

重大な犯罪である一方、様々な難しい問題が起こりえます。

路上で襲ったり、自宅に押し入るような典型的な場合はともかく、いわゆるデートレイプや知人間でホテル・自室内で行われるようなケースでは、暴力や同意があったかどうかをめぐって争いになることがしばしばあります。

このような場合、密室でのやりとりの事実関係が問題となるため、犯罪が成立するかどうかについての警察や検察官などの捜査機関、あるいは刑事裁判官の判断のポイントを的確に見極める力が必要になります。

平成29年の法改正により親告罪ではなくなったとはいえ、今後も、被害者の告訴の有無が検察官の起訴・不起訴の判断に大きな影響を与えることは間違いありません。

また、起訴された場合の量刑においても、被害者との示談の有無は大きく影響します。

いうまでもないことですが、強制性交は被害者の尊厳を貶める悪質・重大な犯罪です。

どのようにして謝罪や被害弁償、示談交渉を行うべきか、あるいは同意があったとして犯罪の成立を争うかについては、たいへん悩ましく難しい問題です。

そのため、正しい見通しと適切な弁護活動のできる弁護士へのご相談・依頼と、その弁護士の活動がどのようになされるかが、最終的な結果に大きな影響を与えることはほぼ確実です。

私は刑事裁判官として、多くの強制性交等・強制性交等致死傷事件(以前の「強姦罪」「強姦致死傷罪」)の審理を担当し、判決を言い渡してきました。

判断に悩む事件も少なくなく、それだけに、どのようなポイントが裁判官の判断において重要かについても理解しており、事案の内容や状況に則した最善の対応をとることができます。

 

刑事事件においては、スピードに加えて、刑事裁判官の「経験」と「感覚」が最大の効果をもたらします。

最良の刑事弁護をお約束します。 
おまかせください。お役にたちます。

 
元・刑事裁判官による最良の刑事弁護
 

条文

【刑法】
(強制性交等)
第百七十七条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
(準強制わいせつ及び準強制性交等)
第百七十八条 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。
(未遂罪)
第百八十条 第百七十六条から第百七十八条までの罪の未遂は、罰する。 (強制わいせつ等致死傷)
第百八十一条 第百七十六条、第百七十八条第一項若しくは百七十九条第1項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
 第百七十七条、百七十八条第二項若しくは第百七十九条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。

 
住居侵入・建築物侵入(不法侵入) 強制わいせつ・強制わいせつ致傷
 
取扱い刑事事件(犯罪)一覧へ戻る

対応可能な警察署など

当事務所では、下記の警察署などに逮捕・勾留されている方、呼び出しを受けている方について対応が可能です。 
なお、下記に挙げていない地域や警察署などであっても対応が可能な場合がございますので、お問い合わせください。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
【大阪府】
大阪府警察本部 / 大阪地方検察庁 / 大阪拘置所 / 大阪少年鑑別所
大淀警察署 (大阪市北区) / 曽根崎警察署 (大阪市北区) / 天満警察署(仮庁舎) (大阪市北区) / 都島警察署 (大阪市都島区) / 福島警察署 (大阪市福島区) / 此花警察署 (大阪市此花区) / 東警察署 (大阪市中央区) / 南警察署 (大阪市中央区) / 西警察署 (大阪市西区) / 港警察署 (大阪市港区) / 大正警察署 (大阪市大正区) / 天王寺警察署 (大阪市天王寺区) / 浪速警察署 (大阪市浪速区) / 西淀川警察署 (大阪市西淀川区) / 淀川警察署 (大阪市淀川区) / 東淀川警察署 (大阪市東淀川区) / 東成警察署 (大阪市東成区) / 生野警察署 (大阪市生野区) / 旭警察署 (大阪市旭区) / 城東警察署 (大阪市城東区) / 鶴見警察署 (大阪市鶴見区) / 阿倍野警察署 (大阪市阿倍野区) / 住之江警察署 (大阪市住之江区) / 住吉警察署 (大阪市住吉区) / 東住吉警察署 (大阪市東住吉区) / 平野警察署 (大阪市平野区) / 西成警察署 (大阪市西成区) / 大阪水上警察署 (大阪市港区)
高槻警察署 (高槻市) / 茨木警察署 (茨木市) / 摂津警察署 (摂津市) / 吹田警察署 (吹田市) / 豊能警察署 (豊能郡) / 箕面警察署 (箕面市) / 池田警察署 (池田市) / 豊中警察署 (豊中市) / 豊中南警察署 (豊中市) / 堺警察署 (堺市堺区) / 北堺警察署 (堺市北区) / 西堺警察署 (堺市西区) / 南堺警察署 (堺市南区) / 高石警察署 (高石市) / 泉大津警察署 (泉大津市) / 和泉警察署 (和泉市) / 岸和田警察署 (岸和田市) / 貝塚警察署 (貝塚市) / 関西空港警察署 (泉南郡) / 泉佐野警察署 (泉佐野市) / 泉南警察署 (阪南市) / 羽曳野警察署 (羽曳野市) / 黒山警察署 (堺市) / 富田林警察署 (富田林市) / 河内長野警察署 (河内長野市) / 枚岡警察署 (東大阪市) / 河内警察署 (東大阪市) / 布施警察署 (東大阪市) / 八尾警察署 (八尾市) / 松原警察署 (松原市) / 柏原警察署 (柏原市) / 枚方警察署 (枚方市) / 交野警察署 (交野市) / 寝屋川警察署 (寝屋川市) / 四條畷警察署 (大東市) / 門真警察署 (門真市) / 守口警察署 (守口市)
 
【京都府】
京都府警察本部 / 京都府警察本部 伏見留置センター / 京都地方検察庁 / 京都拘置所 / 京都少年鑑別所
川端警察署 (京都市左京区) / 上京警察署 (京都市上京区) / 東山警察署 (京都市東山区) / 中京警察署 (京都市中京区) / 下京警察署 (京都市下京区) / 下鴨警察署 (京都市左京区) / 伏見警察署 (京都市伏見区) / 山科警察署 (京都市山科区) / 右京警察署 (京都市右京区) / 南警察署 (京都市南区) / 北警察署 (京都市北区) / 西京警察署 (京都市西京区)
向日町警察署 (向日市) / 宇治警察署 (宇治市) / 城陽警察署 (城陽市) / 八幡警察署 (八幡市) / 田辺警察署 (京田辺市) / 木津警察署 (木津川市) / 亀岡警察署 (亀岡市)
 
【兵庫県】
尼崎南警察署 (尼崎市) / 尼崎南警察署(西分庁舎) (尼崎市) / 尼崎東警察署 (尼崎市) / 尼崎北警察署 (尼崎市)
 
【滋賀県】
滋賀県警察本部 / 大津警察署 (大津市) / 大津北警察署 (大津市) / 草津警察署 (草津市)
 
 

お問い合わせ

最良の刑事弁護をお約束します。
おまかせください。 お役に立ちます。

右記フリーダイヤルにて、当事務所までお問い合わせください。

【営業時間】 平日 9:00~18:00
※土日祝・営業時間外も、必要に応じて対応いたします。
お問い合わせ 問題解決の第一歩です。まずはお問い合わせください。