弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

【逮捕・勾留】大阪・京都の刑事弁護・警察対応は 元・刑事裁判官 の弁護士へ

お問い合わせは 0120-86-3410 大阪 事務所 三条河原町 事務所
  らくさい桂 事務所
元・刑事裁判官による最良の刑事弁護

弁護士紹介解決までの流れ弁護士費用よくあるご質問お問い合わせ事務所案内

お問い合わせは 0120-86-3410
 

メインメニュー

お問い合わせは 0120-86-3410
 

おまかせください

お問い合わせは 0120-86-3410
 

取扱い犯罪事件一覧

お問い合わせは 0120-86-3410
 

刑事事件・犯罪 用語集


サイト内検索


 
HOME»  取扱い刑事事件(犯罪)一覧»  ひき逃げ・当て逃げ

取扱い刑事事件(犯罪) | 交通犯罪事件

ひき逃げ・当て逃げ

 

ひき逃げ・当て逃げ 事件の場合、法律上 10年程度の懲役刑 といった刑事罰を科される可能性があります。

そこで、ひき逃げ・当て逃げ 事件においては、無罪を主張する場合も含め、犯罪の実状とポイントに基づいた刑事弁護活動が必要です。

 

弁護士からのコメント 弁護士 片田真志 からのコメント

「ひき逃げ」や「当て逃げ」は、過失運転致死傷などの犯罪に加えて、多くの場合、道路交通法違反という別の犯罪(不救護・事故不申告と呼ばれることがあります)が成立します。

なお、状況によっては「保護責任者遺棄罪」が成立する可能性もあります。

いずれにしても、被害者を交通事故で死傷させてしまっているのに、被害者を放置すると、死傷させた行為とは別に、放置した行為自体が別の罪に問われる可能性があるのです。

また、そこまではいかないとしても、事故後の対応が悪いと「過失運転致死傷」罪の情状が悪くなる可能性があります。

「ひき逃げ」「当て逃げ」については、「事故時のパニックでとっさに逃げてしまった」というケースは比較的多くあります。

すぐにご相談いただければ、自首を含めた「ベストな対応はなにか」について的確な助言をいたします。

「ひき逃げ」は重い犯罪であり、被害者又は遺族の怒りも当然厳しくなることが予想されます。

実刑判決が下る可能性も高く、それを回避するためにも、情状弁護は正確な見通しをもって行うことが重要です。

 

刑事事件においては、スピードに加えて、刑事裁判官の「経験」と「感覚」が最大の効果をもたらします。

最良の刑事弁護をお約束します。 
おまかせください。お役にたちます。

 
元・刑事裁判官による最良の刑事弁護
 

条文

【特別法】 道路交通法
第百十七条  車両等(軽車両を除く。以下この項において同じ。)の運転者が、当該車両等の交通による人の死傷があつた場合において、第七十二条(交通事故の場合の措置)第一項前段の規定に違反したときは、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
 前項の場合において、同項の人の死傷が当該運転者の運転に起因するものであるときは、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
第百十七条の五  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
 第七十二条(交通事故の場合の措置)第一項前段の規定に違反した者(第百十七条の規定に該当する者を除く。)
 第五十一条の二(違法駐車に対する措置)第十項の規定に違反して車輪止め装置を破損し、又は取り除いた者
 第百八条の三の三(講習通知事務の委託)第二項、第百八条の七(秘密保持義務等)第一項、第百八条の十八(秘密保持義務)又は第百八条の三十一(都道府県交通安全活動推進センター)第五項の規定に違反した者

【特別法】 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
(過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱)
第四条  アルコール又は薬物の影響によりその走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で自動車を運転した者が、運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた場合において、その運転の時のアルコール又は薬物の影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的で、更にアルコール又は薬物を摂取すること、その場を離れて身体に保有するアルコール又は薬物の濃度を減少させることその他その影響の有無又は程度が発覚することを免れるべき行為をしたときは、十二年以下の懲役に処する。

 
危険運転致死傷 飲酒運転・飲酒運転の幇助
 
取扱い刑事事件(犯罪)一覧へ戻る

対応可能な警察署など

当事務所では、下記の警察署などに逮捕・勾留されている方、呼び出しを受けている方について対応が可能です。 
なお、下記に挙げていない地域や警察署などであっても対応が可能な場合がございますので、お問い合わせください。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
【大阪府】
大阪府警察本部 / 大阪地方検察庁 / 大阪拘置所 / 大阪少年鑑別所
大淀警察署 (大阪市北区) / 曽根崎警察署 (大阪市北区) / 天満警察署(仮庁舎) (大阪市北区) / 都島警察署 (大阪市都島区) / 福島警察署 (大阪市福島区) / 此花警察署 (大阪市此花区) / 東警察署 (大阪市中央区) / 南警察署 (大阪市中央区) / 西警察署 (大阪市西区) / 港警察署 (大阪市港区) / 大正警察署 (大阪市大正区) / 天王寺警察署 (大阪市天王寺区) / 浪速警察署 (大阪市浪速区) / 西淀川警察署 (大阪市西淀川区) / 淀川警察署 (大阪市淀川区) / 東淀川警察署 (大阪市東淀川区) / 東成警察署 (大阪市東成区) / 生野警察署 (大阪市生野区) / 旭警察署 (大阪市旭区) / 城東警察署 (大阪市城東区) / 鶴見警察署 (大阪市鶴見区) / 阿倍野警察署 (大阪市阿倍野区) / 住之江警察署 (大阪市住之江区) / 住吉警察署 (大阪市住吉区) / 東住吉警察署 (大阪市東住吉区) / 平野警察署 (大阪市平野区) / 西成警察署 (大阪市西成区) / 大阪水上警察署 (大阪市港区)
高槻警察署 (高槻市) / 茨木警察署 (茨木市) / 摂津警察署 (摂津市) / 吹田警察署 (吹田市) / 豊能警察署 (豊能郡) / 箕面警察署 (箕面市) / 池田警察署 (池田市) / 豊中警察署 (豊中市) / 豊中南警察署 (豊中市) / 堺警察署 (堺市堺区) / 北堺警察署 (堺市北区) / 西堺警察署 (堺市西区) / 南堺警察署 (堺市南区) / 高石警察署 (高石市) / 泉大津警察署 (泉大津市) / 和泉警察署 (和泉市) / 岸和田警察署 (岸和田市) / 貝塚警察署 (貝塚市) / 関西空港警察署 (泉南郡) / 泉佐野警察署 (泉佐野市) / 泉南警察署 (阪南市) / 羽曳野警察署 (羽曳野市) / 黒山警察署 (堺市) / 富田林警察署 (富田林市) / 河内長野警察署 (河内長野市) / 枚岡警察署 (東大阪市) / 河内警察署 (東大阪市) / 布施警察署 (東大阪市) / 八尾警察署 (八尾市) / 松原警察署 (松原市) / 柏原警察署 (柏原市) / 枚方警察署 (枚方市) / 交野警察署 (交野市) / 寝屋川警察署 (寝屋川市) / 四條畷警察署 (大東市) / 門真警察署 (門真市) / 守口警察署 (守口市)
 
【京都府】
京都府警察本部 / 京都府警察本部 伏見留置センター / 京都地方検察庁 / 京都拘置所 / 京都少年鑑別所
川端警察署 (京都市左京区) / 上京警察署 (京都市上京区) / 東山警察署 (京都市東山区) / 中京警察署 (京都市中京区) / 下京警察署 (京都市下京区) / 下鴨警察署 (京都市左京区) / 伏見警察署 (京都市伏見区) / 山科警察署 (京都市山科区) / 右京警察署 (京都市右京区) / 南警察署 (京都市南区) / 北警察署 (京都市北区) / 西京警察署 (京都市西京区)
向日町警察署 (向日市) / 宇治警察署 (宇治市) / 城陽警察署 (城陽市) / 八幡警察署 (八幡市) / 田辺警察署 (京田辺市) / 木津警察署 (木津川市) / 亀岡警察署 (亀岡市)
 
【兵庫県】
尼崎南警察署 (尼崎市) / 尼崎南警察署(西分庁舎) (尼崎市) / 尼崎東警察署 (尼崎市) / 尼崎北警察署 (尼崎市)
 
【滋賀県】
滋賀県警察本部 / 大津警察署 (大津市) / 大津北警察署 (大津市) / 草津警察署 (草津市)
 
 

お問い合わせ

最良の刑事弁護をお約束します。
おまかせください。 お役に立ちます。

右記フリーダイヤルにて、当事務所までお問い合わせください。

【営業時間】 平日 9:00~18:00
※土日祝・営業時間外も、必要に応じて対応いたします。
お問い合わせ 問題解決の第一歩です。まずはお問い合わせください。